上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨の翌日いきなり秋だった。
天気にメリハリのある今年の日本列島。

b159.jpg

工房へ向かう車中、ん~、なんじゃろ~

b157.jpg

名古屋のど真ん中、41号線の中央分離帯。

最近都会の動植物に不信を覚えてしまう・・・
蚊だけじゃなく、植物も?・・もしかして。

これは毒ではなさそうでした、外来種ではありましたが・・。
荒れ地に生える植物だそうです。

くるま②

日誌

2014-09-05

うちには車が2台あるので、それを1台にしようという考え中・・はたしていい考えがみつかるでしょうか?

普通の調律師さんの場合、お客様のお宅や学校・ホールなど、その日によって
いろんな目的地があると思います。

もちろん私だって一応調律師なので同じなのですが・・・   なにか?


工房へ行く  これがネックになってきます。

月20日くらいは行きます、いま車で1時間ほどかけて行ってますが、
公共交通機関でいくとなると・・・辺鄙なところで、え~どうやって行くんだろう?

まずはこれをクリアできなければ前に進めません

最寄駅というとよく人に聞くのは「柏森」たぶん名鉄です。
あと、「小牧」・・これ何線だろう。「柏森」とは逆方向にあります。

最寄とはいっても両方とも遠いよ! バスか?バスあるのか?
自転車をデポするという手もあるが、可能か?

ということで調べてみました。

gsi20140903114354.htmlクリックすると地図が出ます。

赤いマークが工房です。 北に前述の柏森、¥700これは名鉄犬山線でした。
西に同線、布袋 江南の二駅 ¥650。
地下鉄東山線で伏見で乗換

東に名鉄小牧線の田県神社前 味岡¥590、 地下鉄名城線で平安通で乗換
この5駅がわが工房を遠巻きに取り囲んでいます。

地図で見ていただくとお解りかりのように、どの駅からも約3㎞という
絶妙な位置なのであります。 よくもまあこんな真ん中にと・・・

我が家から各駅までの所要時間はだいたい50分という所ですが、
前述の「小牧」¥540は南東方向にあり、運がいいと40分ほどで到着します。

問題の各駅からの移動手段ですが、徒歩 自転車 バスがあります。
コミュニティーバス¥200(往復)が犬山線の各駅から、小牧線の小牧駅から出ています。

最寄りのバス停が河内屋新田(小牧駅から約30分)と
伝右二丁目(布袋駅から20分)ともに工房から500m位です。

バスで来るなら、便の多さと運賃の安さそして所要時間すべてにまさる
河内屋新田着のコースになるでしょう。
b149.jpg かわいらしいバス、乗ってみたくなる。


地下鉄も名城線なのですいているだろうし、小牧線の混み具合は知りませんが、

それにならって徒歩なら田県神社前から、

自転車なら味岡という感じでしょうか。
b150.jpg まわりが広々した駅、いい感じ。


味岡には立派な自転車置き場があるのを確認しました。
b152.jpg 市営駐輪場、無料
b151.jpg名鉄の有料駐輪場、月¥1600

ほぼ平地なので3kmだと10分くらいでしょう。 今んとこ、これがいいかな。
これならへたしたら車より早いかも。 原チャにしよか!

P-net logo1
ロゴをクリックでホームページへジャンプします。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村







くるま

日誌

2014-09-03

うちには車が2台ある。

何とか1台にできないものかと、よく思案するのだが・・・

東京の調律師仲間が車を手放す(完全に)と聞いたのは
もう何年も前のことだ。 ちょっと興味はもった。

理由を聞いてみると到着時間が読めない現場での駐車が困難高い維持費

公共交通機関が発達しているから車を捨ててもさほど不便を感じないそうだ。
それよりも車を維持することの大変さを主張していた。

名古屋では到着時間は大体読めるし、現場での駐車もさほど苦労はしない。
ただ車一台に大きな維持費がかかるのは同じである。

地下鉄東山線の本山駅まで徒歩5分という、
恵まれた場所に暮らしながら、そのメリットをまったく生かせていない!
数年前に名城線の開通で本山はさらに便利になったというのに・・


薄青色のフィットは一昨年中古で購入した2007年式GE6
常に乗り回していて、いわゆる私の足である。

b147.jpg

赤いウイッシュは2004年に新車で購入した10年選手
6人家族なのでみんなで乗れる家族用、かみさんのお買いもの用でもある。

b148.jpg

どちらかをなくすということになると・・・ フィットでしょうね。
言いだしっぺでもあるし、私が移動手段を大きく見直せるか・・・ということになるでしょう。

これはシュミレーションしてみますか! ということでこの案件シリーズ化いたします。
じっくり検証してみましょう。

P-net logo1
ロゴをクリックでホームページへジャンプします。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村




またこれですは~  吹いては削り、吹いては削り!
何回もこれやらないかんのかな~1回で済ます方法はないもんかな?

そういえば、ハマニ(塗料メーカー、浜松第二塗料)さんは
中塗りなしで・・・とか何とかおっしゃってたような記憶が・・・

まあそんなとこなんで、見てもあんまおもろないよ

b138.jpg

中でもまあ見栄えがするのはここくらいかな~ ロゴのところ。 

b140.jpg

b141.jpg

塗料に埋まったロゴを削り出す連続写真あるね!

b143.jpg

b145.jpg

えかった~ ちゃんとできた。 ちゃんと削りだすのは意外と難しいよ!

b146.jpg

白い粉がいっぱい出るぞ・・  売るか!・・・アホ。

P-net logo1
ロゴをクリックでホームページへジャンプします。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村






dumper

YAMAHA No20

2014-08-31

ダンパー dumper  どういう意味なのかちょっと調べてみましたが、
かなり広い意味でつかわれる言葉のようで、ぴったりくるのがなかったのですが、

ゴミなどを「どさっと 落とす」これが一番近いのかな? 英語って適当~
ダンプカーなどから大量のごみなどを落とす・・感じ。 だからダンプカー!

まあ私たちはピアノの弦の振動を止める装置のことをいいます。
どさっとダンパーを落として音を止めるわけですね。

b126.jpg

とにかくついている古いフェルト類を剥がします。 
カッターで切り取って、残りをアイロンで熱して剥がす。

b127.jpg

ダンパーヘッドの黒く塗装された部分とワイアーはコンパウンドでこしこし磨きます。

そういえば技能検定でこのワイアーの交換をやりました。

b129.jpg

なかなか的を得た試験科目なんですよ、これが!

新品のまっすぐなワイアーに交換して、適所を的確に曲げなければならない。
ダンパーの調整をちゃんとマスターしてないと、できないことなんです。

しかしながら、実際にはこのワイアーを交換することはまずありません

このピアノ(60年ほど前のピアノ)でもびくともしてない、交換の必要がないのです。

b133.jpg

その点がちょっともったいない感じがします、まあしょうがないけど。

ダンパーの作業はこれだけではなくて、まだまだ続くのだ。

そうか・・「どさっと落とす」で音を止めるイメージっていいかも!

b125.jpg

b106.jpg




P-net logo1
ロゴをクリックでホームページへジャンプします。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。