上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dumper

YAMAHA No20

2014-08-31

ダンパー dumper  どういう意味なのかちょっと調べてみましたが、
かなり広い意味でつかわれる言葉のようで、ぴったりくるのがなかったのですが、

ゴミなどを「どさっと 落とす」これが一番近いのかな? 英語って適当~
ダンプカーなどから大量のごみなどを落とす・・感じ。 だからダンプカー!

まあ私たちはピアノの弦の振動を止める装置のことをいいます。
どさっとダンパーを落として音を止めるわけですね。

b126.jpg

とにかくついている古いフェルト類を剥がします。 
カッターで切り取って、残りをアイロンで熱して剥がす。

b127.jpg

ダンパーヘッドの黒く塗装された部分とワイアーはコンパウンドでこしこし磨きます。

そういえば技能検定でこのワイアーの交換をやりました。

b129.jpg

なかなか的を得た試験科目なんですよ、これが!

新品のまっすぐなワイアーに交換して、適所を的確に曲げなければならない。
ダンパーの調整をちゃんとマスターしてないと、できないことなんです。

しかしながら、実際にはこのワイアーを交換することはまずありません

このピアノ(60年ほど前のピアノ)でもびくともしてない、交換の必要がないのです。

b133.jpg

その点がちょっともったいない感じがします、まあしょうがないけど。

ダンパーの作業はこれだけではなくて、まだまだ続くのだ。

そうか・・「どさっと落とす」で音を止めるイメージっていいかも!

b125.jpg

b106.jpg




P-net logo1
ロゴをクリックでホームページへジャンプします。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。