上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20140118210543758[1]

ほっとに久々の更新です。すみません。

写真は当方で所有するカワイ昭和型という51鍵盤のピアノです。

この51鍵盤のピアノこそが昭和型だと思っていたのですが、
実はこのほかに40鍵盤のものがあったのです。

まったく同じ形(少しスマート)で低音側が4つ、
高音側が7つ少ない40鍵盤・・・う~欲しい!

手に入れることはできませんでしたが、この新発見?に感動しています。

カワイミニピアノ恐るべし。


スポンサーサイト

no280-73.jpg

完成したアクションをピアノの乗せて調整を繰り返します。

no280-74.jpg

整調・整音が一通り終わったら、キーバランスをとります。

no280-75.jpg

完成! 

no280-76.jpg

いい感じでしょ!


no280-77.jpg

横浜のお客様宅に収まったNo280です。ピッタリ!




no280-65.jpg

レンナーのP4ハンマーを使用します。最近は1個ずつ刻印があります。

no280-66.jpg

ダンパーを張り終えたところです。


no280-67.jpg

加工したハンマーにナンバリングします。

no280-68.jpg

穴あけ。

no280-69.jpg

バットをセンターレールに取り付けます。

no280-70.jpg

シャンクをつける前に第一整音します。かなり苦行・・

no280-71.jpg

シャンクを付けていきます

no280-72.jpg

ハンマー付け完了です。ハンマーの接着は膠で行います。





no280-61.jpg

オリジナルのダンパーはこんな感じです。


no280-62.jpg

ダンパーAssyは修理して使おうと思っていましたが、
フレンジだけは新調することにしました。

no280-63.jpg

ダンパーフェルト、レバークロスは張り替えて使います。

no280-64.jpg







no280-58.jpg

メッキ屋さんからペダルが戻ってきました。 銀ピか…です。

no280-59.jpg

底板、棚板などを取付け鍵盤とアクションを搭載できる状態にします。

no280-60.jpg

セルロイドの鍵盤がとても状態がよく、そのまま研磨して使うことにします。


PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。